天然の抗生物質

プロポリスの抗菌作用で歯周病予防

歯周病になると口臭がしてしまうだけでなく、そのうち歯が根っこごと取れてしまう恐ろしい病気です。
歯と歯茎はいつまでも健康に保ちたいものですね。
プロポリスは口臭、歯肉炎http://www.spartanvolleyballcamps.com/3.html、歯周病を予防するため、プロポリス配合の歯磨き粉も出てきました。

プロポリスになぜそのような力があるのかといえば、プロポリスには強い殺菌効果があるからです。
歯周病の原因は、歯と歯茎の間に歯石がたまり、菌が繁殖してしまうことです。
プロポリスで口の中を洗うことで、原因となっている菌を除去することができるのです。

その強い殺菌効果の原因となっている成分は「フラボノイド」http://csschest.com/fur.htmlです。
これはポリフェノールの一種です。
考えてみれば、緑茶のタンニンもポリフェノールの一種ですね。

緑茶には殺菌力があり、虫歯や口臭を抑えるため、日本でも昔から食後にお茶を飲む習慣がありました。
プロポリスの殺菌力はお茶よりもスゴイですから、歯周病の予防になるのは想像がつきますね。
プロポリス入りの歯磨き粉を使うようにしてもいいですし、プロポリスの原液を購入して歯ブラシに数滴垂らし、磨いてもいいでしょう。
プロポリスの原液を薄めてうがいすることでも口内環境を整えるのに役立ちます。

プロポリスと聞くとハチミツを連想される方も多いと思いますが、ハチミツとは別物です。
2つのちがいはhttp://www.local88.ws/honey.htmlに載っていますが、ハチミツで歯を磨くことはしないでくださいね。
虫歯になってしまいます。

このページの先頭へ